中古車売却に必要な書類

このページでは、中古車売却時の必要書類について、普通自動車と軽自動車別に説明します。

車を売却するには、いくつかの書類が必要になります。
まず、車を買取査定を受けるだけなら「車検証」と「自賠責保険証明書」だけでも大丈夫です。 この2点は、車に常備する事が義務付けられていますので、通常ダッシュボード等の車検証ケースに保管していると思います。

その他の売却に必要な書類は、普通自動車と軽自動車で異なりますので、下記をご覧下さい。

普通自動車の場合

普通自動車売却に必要な書類

  • 自動車車検証
  • 通常、車検証と呼ばれるものです。

  • 自賠責保険証明書
  • 通常、自賠責と呼ばれるものです。

  • 自動車納税証明書
  • 車の所有者に毎年5月になると自動車税の納付書が送られてきます。

    この納付書を持って金融機関などに行き、自動車税を納めると出納済みスタンプの押してある書類が自動車納税証明書です。

  • 印鑑登録証明書
  • 印鑑証明を取っている方は、そのまま役所へ行って発行してもらいましょう。

    印鑑証明を持っていない場合は、立派な印鑑でなくても構わないので急いで市役所や区役所へ登録に行きましょう。印鑑証明書の発行は本人以外の代理人でも出来ますが、登録は本人でなければ出来ません。

  • 譲渡証明書
  • 一般的に譲渡証、譲渡証明などと呼ばれ、車を、新しい持ち主に譲ったと言う証明書です。

  • リサイクル券
  • リサイクル料金を支払った場合に、それを証明するために発行される書面です。

  • 住民票、もしくは戸籍附票

軽自動車の場合

軽自動車売却に必要な書類

  • 自動車車検証
  • 通常、車検証と呼ばれるものです。

  • 自賠責保険証明書
  • 通常、自賠責と呼ばれるものです。

  • 自動車納税証明書
  • 車の所有者に毎年5月になると自動車税の納付書が送られてきます。

    この納付書を持って金融機関などに行き、自動車税を納めると出納済みスタンプの押してある書類が自動車納税証明書です。

  • 申請依頼書
  • 申請に関わる当事者が「権限を第三者に委託します」という物です。

    申請に関わる当事者が、申請窓口に出向けない場合に申請依頼書を書き、それを第三者に渡し、その第三者に手続きを任せることにより自らが出向かなくても申請出来るようになる書類です。

  • リサイクル券
  • リサイクル料金を支払った場合に、それを証明するために発行される書面です。